イデシア > 株式会社イデシアのスタッフブログ記事一覧 > 管理会社と仲介会社の違いを知っておこう!

管理会社と仲介会社の違いを知っておこう!

≪ 前へ|実は意外とお得!?オフシーズンに引っ越しをするメリットとは   記事一覧   2020年の民法改正で賃貸借契約にまつわる3つのポイントを押さえよう!|次へ ≫
カテゴリ:借りる

賃貸物件を借りる時には一般的に不動産会社を通して物件を借りますが、仲介会社と管理会社という違った役割の会社が出てきます。

 

両方とも不動産会社ではありますが、意味合いが異なるこの2つの会社はそれぞれどう違うのでしょうか?

 

違いを知っておくことでトラブルが起きたときや、賃貸契約の解約をしたいときなど、適切に依頼することできます。


仲介会社と管理会社の違い

 

仲介会社と管理会社はどう違う?


どちらも不動産会社であることは間違いないですが、そこには明確な違いがあります。

 

仲介会社の主な仕事は、物件を探している人に対して希望の賃貸物件を探したり、内見の手配、契約の段取り、物件の引き渡しまで行います。

 

また、物件所有者や管理会社から依頼を受け、物件の入居者をつのり、入居者が決まったら契約、引き渡しするまでが業務の範囲になります。

 

なので、入居後のトラブルや不具合などは仲介会社の対応ではありません。

 

一方で管理会社の仕事はその言葉の通り、物件の管理をすることです。

 

大まかな仕事としては、家賃の集金管理、契約の満期が来たら更新の確認、更新契約など、お金や契約の管理があります。

 

その他には建物の維持管理として、共有廊下の電球が切れたら交換したり、清掃、建物の点検や不具合の確認、何かあった場合はその手配を行ってくれますよ。

 

どこまでが管理会社の業務なのかは大家さんとの管理委託契約によって異なりますが、概ね先述した内容が仕事だと考えて差し支えはないでしょう。


仲介会社と管理会社はどう違う?


仲介会社と管理会社が同じ場合ももちろんありますが、お部屋を借りる人はそれぞれに何を頼むのでしょうか。

 

これから一人暮らしを始めたい、引っ越したいなど希望がある場合、仲介会社に依頼をして賃貸物件を探してもらい、内見や契約の手配をしてもらいます。

 

引き渡しをするまでが仲介会社の仕事なので、その後の賃貸物件に関することは管理会社に依頼し、連絡先などは契約の時に教えてもらえます。

 

管理会社へは例えばエアコンなど室内の設備が壊れていた、共有部分の電気の交換やゴミが多い、などの対応を依頼します。

 

上下階が騒がしい、隣の部屋とのトラブルなども自分で直接言うより、管理会社を通して解決を依頼すると良いでしょう。

 

このようにそれぞれの役割が異なりますので、適切なところへ適切な依頼をしたいですね。

 

まとめ


仲介会社の仕事は賃貸物件を探し、内見、契約、引き渡しまでをします。

 

管理会社の仕事は物件の管理を担当し、建物の維持管理や入居者管理、入金管理などを行います。

 

それぞれ出来ることは異なりますので、問い合わせする時や何かを依頼するときは適切な会社に依頼しましょう。

 

東京都内で賃貸物件をお探しでしたら、新宿駅南口徒歩2分の株式会社イデシアまでぜひご相談ください。

≪ 前へ|実は意外とお得!?オフシーズンに引っ越しをするメリットとは   記事一覧   2020年の民法改正で賃貸借契約にまつわる3つのポイントを押さえよう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


杉本荘

杉本荘の画像

賃料
7万円
種別
アパート
住所
東京都練馬区田柄4丁目13-24
交通
地下鉄赤塚駅
徒歩15分

ハイツブラウ

ハイツブラウの画像

賃料
5.2万円
種別
アパート
住所
東京都中野区野方1丁目55
交通
高円寺駅
徒歩14分

荘光ハウス

荘光ハウスの画像

賃料
5.3万円
種別
アパート
住所
東京都練馬区練馬2丁目18-19
交通
練馬駅
徒歩7分

コーポ旭

コーポ旭の画像

賃料
6.2万円
種別
アパート
住所
東京都新宿区北新宿1丁目30番22号
交通
大久保駅
徒歩7分

トップへ戻る